日本フードアナリスト協会 産経新聞社

食の情報を解説する専門家、「フードアナリスト」資格

現在約5,000名の方がフードアナリストの資格を取得しています。

フードアナリストは食の知識をビジネスに活かせるだけではなく、普段の食生活をより豊かにするための資格です。

食品メーカーの商品プロデュースや覆面調査員、テレビのコメンテーター、グルメ雑誌のライターなど活躍の場が広がっています。

フードアナリスト 取得者の声

検定試験 お申し込みはこちらフードアナリストを目指す 3つの取得方法

  1. フードアナリストを取得するには3つの方法があります。
    いずれの方法で取得をしても、フードアナリストになることができます。
    4級から取得し、3級から2級へとステップアップしていきます。食に興味のある方から、食にかかわる専門の方まで幅広く学習されています。

       ▼フードアナリスト資格についてはこちら
  2. 1. 検定試験

    WEB申し込みはこちら

    「フードアナリスト教本」と「問題集」で、自分で勉強し、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の全国7都市で、毎年5月と10月(2月4級のみ)に開催される試験を受験します。食文化に興味のある18歳以上なら誰でも受験資格があるので、自分で身につけた、食に関する知識を気軽に試すことができます。
    詳細はこちら

  3. 2. 通信教育

    WEB申し込みはこちら

    4級と3級のみ実施。教本と専用の教材を読みながら、自分で勉強します。4級の場合、約4か月の間に、簡単なレポートと、添削問題(6回)を提出するだけで、検定試験を受けずに4級の資格を取ることができます。6回の添削問題と、1回の「フードアナリスト」格付けレポートを提出。
    詳細はこちら

  4. 3. 養成講座

    WEB申し込みはこちら

    札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7都市で随時開催。4級の場合、1日7時間の集中講義を受け、修了試験で一定のスコアをクリアすれば合格。
    3級の養成講座は2日間、2級は4日間(前期2日間・後期2日間)に渡って行われます。 詳細はこちら

ライター通信講座※ライター通信講座は資格取得のための講座ではございません。

WEB申し込みはこちら
FAX・郵送申込み用紙はこちら

おいしい、という言葉の解釈は無数です。どんなに語彙が豊富でも、それをただつなげた文章は、読み手の心になかなか届きません。異なる味覚を持つたくさんの読み手に向けて、どんな言葉を紡げば「おいしさ」が伝わるのでしょうか。自分が感じたものを、できるだけそのままの形で他人に手渡す、書き手としての“作法”を身につけることが、この講座の目的です。 詳細はこちら

3つの特長 - 食の五感を研ぎ澄ます新資格

一生モノの知識がつまっています!
資格を取得するためだけでなく、資格をとってからも、何度も読みたくなる知識が満載!

  • 4級フードアナリスト検定教本
    4級フードアナリスト検定問題集
  • 3級フードアナリスト検定教本
    3級フードアナリスト検定問題集
  • 2級フードアナリスト検定教本 【上・下】

  • 「眞鍋と学ぶ!フードアナリスト入門楽しい食の世界」
  • 初級フードアナリスト検定問題集

フードアナリスト 取得者の声

もともと食べること、料理することが大好きで、その趣味が高じてフードアナリストの資格を取得しようと考えました。料理の奥深さを改めて感じられるようになり、これまで以上に食事を楽しめるようになりました。また、この資格を取得してから、雑誌に執筆するチャンスも増え、いずれは売れっ子のフードライターとして活躍できるように力をつけていきたいです!

以前からフードライターとして活動していましたが、「もっと話に広がりを持たせたい」「体系的な知識を身につけたい」と思い、この資格を取得しました。取材先では食の専門家として認められるようになり、商品企画という、これまでの枠を超えた仕事も経験するようになりました。そして何よりもこの資格を通じて自分の食生活がより楽しくなりました!

食べ歩きが大好き!これを仕事にできないかなぁ・・探して見つけたのがこの資格!現在、コラムの執筆を中心に活動していますが、自分の感覚で選んだ素敵なお店を紹介するということに強い魅力を感じています。またこの資格はコンサルタントの仕事にもつながるので、今後ますます需要は高まると思います!同じ目的意識を持った方、同じ趣味の方に出会い、人のつながりが増えていくのも楽しみの一つになっています。

問: 次の文章は「パンの種類」について説明をしたものです。次の文章の中で、誤っているものを1つ選んでください。
答え: 2.ヴァイツェンブロートの「ヴァイツェン」とは、「ライ麦」の意味である。 (「ヴァイツェン」とは「小麦」の意味である。)
問: 「カトラリー」について説明をしたものです。空欄A・Bの組み合わせとして正しいものを1つ選んでください。
答え: 3.A・・・21〜23cm     B・・・24〜25cm
問: 「日本料理のマナー」について説明をしたものです。何料理について述べているのか正しいものを1つ選んでください。
答え: 2.会席料理 (2以外はあてはまらない)
問: 「箸づかい」についての問題です。タブーマナーの名称とその意味が一致していないものを1つ選んでください。
答え: 3.渡し箸・・・2人で箸から箸へと料理を渡すこと (渡し箸・・・料理の器の上に箸を渡しかけて置くこと)
問: 「海産物関連の単語」についての問題です。
魚介類の中で、漢字で書いた時に魚偏がつかないものが混ざった組み合わせを1つ選んでください。
答え: 2.たら、たい、かさご、かつお
問: 牛肉の部位(A)の名称として正しいものを答えてください。
答え: 1.肩ロース
問: 豚肉の部位(C)の名称として正しいものを答えてください
答え: 3.ヒレ
問: 鶏肉の部位(C)の名称として正しいものを答えてください。
答え: 1.もも

資料請求・お問い合わせはこちら

TEL:0120−650−519  Mail:info@foodanalyst.jp

〒102-0082 東京都千代田区一番町15-8 壱番館5階
日本フードアナリスト協会
ページの先頭