サイトマップ

フードアナリスト資格取得者の声

図:声

フードアナリスト®を取得した各界専門家の声

食のレポーター菊田あや子さん

食のレポーター 菊田あや子さん食のレポーターになって20年。日本は世界一おいしい国!の一方で、食文化の崩壊も驚きです。『食べることは生きること』、感謝の心で、美味しく、楽しく、食べることをお話していきたいと思っております。


大学教員田中周一さん

食のレポーター 菊田あや子さん大学で言語や芸術を講じています。料理のすばらしさを感じる心は、すばらしい芸術をすばらしいと感じる心と響きあうもの。フードアナリスト®としてその心をひとりひとりに伝えるべく努める日々です。


フードコンサルタント笠岡はじめさん

資格取得者の声:笠岡はじめさんフードコンサルタントとしてのお店の内側の視点に加え、フードアナリスト®としてのお店の外側の視点の両面から、日本の飲食業界の価値向上と食文化への貢献をしていきたいと思います。



ホテルコンサルタント齋藤和彦さん

資格取得者の声;斉藤和彦さん海外・国内のホテルで開発とマーケティングの仕事に係わってきました。“いい町には、いいホテルがあり、いい人が集まる“という古い言葉にあるように、ホテルはその町の文化の発信地であり、良質のホテルを育てるのはそこに住む地元の人々の良識だと思います。施設・企画を創る仕事の立場から、利用者の立場に視点を替えて、フードアナリスト®としての見方を楽しんでいます。

心とカラダを癒す料理研究家中美恵さん

資格取得者の声;中美恵さん食べることは、生きるということと
そして自然界とつながっています。様々な食べ方がある中で人が心から幸せになれて地球が喜ぶ食事について提案できるフードアナリスト®を目指します。


フードアナリスト®資格取得者の声

自営業阿部誠さん

資格取得者の声:阿部誠さん 自分は約30年間を“食”ビジネスに携わり、僕のライフワークの仕上げとしてこの資格を取得しました。“フードアナリスト®”は産声をあげたばかりですが、“食”の今そして未来への新しい価値と文化を創造しましょう。


OL白石亜紀さん

資格取得者の声:白石亜紀さん 小さい頃から食べることが好きで栄養士の資格も持っています。フードアナリスト®になって「おいしい」「素敵」「幸せ」を沢山の方に伝える仕事に係わっていけたら、と期待しています。


会社員大平美弥さん

資格取得者の声:大平美弥さん 仕事柄、お客様に「心に残る会食をしていただきたい。」と思い、レストランの予約をすることが多いです。お料理の美味しさだけでなく、ホスピタリティーも充実している素晴らしいお店を、フードアナリスト®としてお客様だけでなく、友人など多くの方々に紹介できたらいいなと思います。



会社役員吉井雅夫さん

資格取得者の声:吉井雅夫さん 食に関心があり、約30年にわたり食べ歩きを楽しんでいます。地元群馬を中心に、時には東京にも出かけたりもします。地元の人が通い愛されている店を大切に応援したいと思います。群馬にはおすすめの店がたくさんあります。


自営業森田信子さん

資格取得者の声:森田信子さん 私は料理を作るのが大好きです。外食のおりにも作る人の気概を感じれば何度もそのお店に足を運びたくなりますが「家で食べればよかった」と思う事もしばしば。誰もが大切な時間を心地よく過ごして欲しいから、私はフードアナリスト®になりました。評価することの責任を感じつつ、より良い情報の発信をしていきたいです。


会社役員江木園貴さん

資格取得者の声:江木園貴さん 昔から日本に美しく受け継がれてきた文化や伝統に興味があります。そうした美徳を体系的に学ぶというチャンスはめったにありません。このフードアナリスト®の資格に出会って新しい自分にまた出会うことができそうです。



専門職福島美穂さん

資格取得者の声:福島美穂さん オーストリア・ウィーンに在住し国際線客室乗務員として世界を見て廻っていた中で各国の特色ある食文化に大変感銘を受けました。これからはフードアナリスト®として食素材・食文化・食育などの知識をより深め、お店側の想いを受け止めお客様に伝えるという大切な役目を担っていきたいと思います。


専門職高橋沙友子さん

資格取得者の声:高橋沙友子さん トロントに約2年滞在した際に日本食文化の素晴らしさを再認識。帰国後、何か食文化に関わる事が出来たらな…と思っていた時にフードアナリスト®資格に出会いました。世界に誇れるその素晴らしさを伝え拡げる一端を担えたらと思っています。

専門職川副綾さん

資格取得者の声:川副綾さん 「食べる」ことが好きで、銀座を中心に「おいしい」を探す毎日です。素敵なお店を見つけると、誰かに伝えたくなります。フードアナリスト®資格は、そんな私がずっと待ち望んでいた資格です。ホントにこの資格に出会えて良かった、と思っています。


専門職葛西博和さん

資格取得者の声:葛西さん フードアナリスト®の使命は、人の心が幸せで満たされるよう、素敵なお店との出会いをサポートすることだと思います。味だけでなく五感全てを満たしてくれると同時に、ホスピタリティーの心で接してくれる素敵なお店が増えたら、人の気持は和み、世の中は確実に良い方向に向かうと思います。

栄養士竹迫智美さん

資格取得者の声:竹迫智美さん (いい人、いい味、いい時間!)を味わえる食空間探しにぴったりの資格だと思いました。食への関心が一段と高まっている今こそ益々勉強していきたいと感じています。

専門職小山直美さん

資格取得者の声:小山直美さんフードアナリスト®になってから自分の引き出しが確実に増えていると実感する日々。自己満足で終わっていた食の知識を第三者に伝えられる人に。人が生きる上で決してなくならない「食べる事」を楽しむことでもっと人生が豊かになることを教えてくれる素敵な資格です。


会社員泰地由佳理さん

資格取得者の声:泰地由佳理さん パリの伝統あるホテルレストランの高いホスピタリティに感銘を受けました。ホスピタリティの高いレストランで家族や友人と過ごす時間は本当に居心地が良いものです。『人をもてなす温かい心&思いやり』に出会えるレストランを探し続け紹介していきたいと思っています。この資格に出会い、食を楽しむ喜びが増えました。

大学生長谷川和哉さん

資格取得者の声:長谷川和哉さん 食に興味を持ち、大学で管理栄養学科を専攻しています。資格取得後、栄養面や衛生面だけではなくサーヴィス、食文化など多方面から食を見つめ直し視野を広げることが出来ました。日々勉学を重ね、より良い食空間の演出に携われたらと考えています。

会社員福地寧子さん

資格取得者の声:福地寧子さん受信専用だった「食」へのアンテナに発信機能が付いた、という実感が持てる資格です。発信する情報が受け手側にとってより興味深いものになるように、 知識の習得、情報収集、そして表現力磨きに努め、「食」情報発信の新たなキーステーションを作りましょう。


資格取得者の声

八十科 淳さん
資格取得者 八十科淳さん

現在のお仕事
不動産業、店舗企画デザイン、飲食店の経営。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
フードアナリスト®の資格を取得する過程で学ぶ「もてなしの心」、もてなされる側のマナー等、仕事にすぐ活用できる項目が多々あります。また、国内外の歴史や文化を知ることにより、多様化した日本の食をより深く理解することができます。
フードアナリスト®としての学び、伝えるという姿勢は、仕事の上でお客様に思いを届ける基礎となっています。

フードアナリスト®の魅力
仕事のスキルアップに役立つことはもちろん、生活の中の様々な「食」の場面でこの学問が生きた知識となり、コミュニケーションを円滑にし、人の心を大切にする考え方を学ぶことができる魅力あふれる資格です。フードアナリスト®が発信する提案や分析、食のトレンドなどが多くの方の役に立つ情報となることも魅力の一つです。

資格を取得して良かったこと
フードアナリスト®という資格に同じ興味を持った仲間との出会いは、かけがえのないものです。そして、フードアナリスト®の活動の一つである「食育」講座での子供たちとのふれあいなど、この資格を取得しなければ体験できなかった出会いと思いを得られたことです。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
フードアナリスト®が学ばなければならない範囲は大きく、移り変わる「食」に敏感であるためにさらに研鑽を積み、人にとっての食のあり方や大切さを伝えていきたいと思います。

 
岡本 隆子さん

資格取得者 岡本隆子さん

資格取得者 岡本 隆子さん

現在のお仕事
フリーアナウンサー、料理教室講師(中国電力エネラガーデン料理教室講師 等)

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
アナウンサーの仕事を活かし、これまでに以下のような「食育」講師としての講演をしました。


  • ・農林水産省「フードアナリスト®から見た現代の食」
    ・広島県山県郡PTA研修会
    「食は笑顔の源〜あなたの家族は大丈夫? 食事の栄養と心の栄養」
    保護者・教師 200名参加
    ・「女性の自立、魅力アップセミナー」食、栄養講座講師

フードアナリスト®の魅力
テレビ局アナウンサー時代にグルメコーナーを担当、お店の紹介や各町の特産品、こだわりの食品など様々な食に関する取材をさせていただき、食に興味を持ち始めました。そして、もっと深くいろいろな角度から食を学びたいと思っていた私には、ぴったりの資格でした。
美味しく食するには味だけでなく、ホスピタリティーのおもてなしの心の大切さや、食の原点である農業にも興味を持ちました。

資格を取得して良かったこと
アナウンサーとしての司会業、そして料理講師にとどまらず、「フードアナリスト®」という視点からの依頼を多方面からいただき、仕事の幅が広がりました。
何より良かったことは、フードアナリスト®のセミナーや「食卓賢人倶楽部」を通じて全国に友人が増えたことです。各地を訪れた時に情報誌には載っていない地元ならではのお店に連れて行っていただき、様々な楽しい交流をもてるようになったことが最高の財産です。 

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
「食は笑顔の源」をテーマに、マスメディアへの出演を中心として旬産旬消の栄養 価の残る簡単料理教室・講演講師、食の原点の農業体験などを通じて、食の大切さを 伝えていきたいです。そして、おもてなしの心をさらに学び、多くの人の笑顔を見て いけたらと思います。

 
坂本 萌美さん
資格取得者 坂本萌美さん

現在のお仕事
料理教室「口福塾」主宰、幼稚園の保護者を対象に「食育講座」開設、1級フードアナリスト® 協会認定講師、イベント等のプロデュース、司会。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
ささやかな教室を開いて若い生徒さん達と料理を楽しんでいた私に、思いがけなく、これも趣味で学んでいたフランス語を講義してみないかと依頼をいただき、それがきっかけで4・3・2級の速習講義を担当させていただくようになりました。また、その経験から専門学校での仕事もいただくようになりました。
フードアナリスト®の資格を活かした私の仕事にも広がりが出てきました。私は専攻が畑違いですので、しばらくの間勉強は過酷でしたが、今は食に対して学問的な深い目を持つことができるようになり、興味の尽きることがありません。

フードアナリスト®の魅力
様々な年代で同じ考えを持つフードアナリスト®の仲間に出会えたことは、私の何よりの財産だと思っています。その方々と協力し合って食育講座を立ち上げたり、書籍を交換して意見を交わし合えたりすることが、門外漢だった私にとって魅力ある学びの場となりました。

資格を取得して良かったこと
大学時代、音大で声楽を専攻していた私は、色々な料理を学ぶ中で食に強い関心を持ち、趣味が高じて料理教室を開いたりもしていましたが、専攻が畑違いのため積極的に行動ができませんでした。しかし、協会から頂いた資格によってフードの専門家としての新たな自信を頂いたことに感謝しています。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
21世紀に入り、ますます食の不安や食の乱れ、不健康などの原因が日々の食事に関係するのではないかと懸念される事が頻発しています。
私は料理好き、食べること好きの祖母、母に育てられました。「食は三代にしてなる」の3代目ですが、明治時代の良さと昭和の発展とを連続させる「おふくろの味」を新しい家庭料理として我が家から、そして「口福塾」「食育講座」の若いママたちの間から発信する原動力になりたいと考えています。
地味で地道な挑戦ですが、フードアナリスト®として息の長い活動をしていきたいと思っています。

 
徳永 ミユキさん

資格取得者 徳永ミユキさん

資格取得者 徳永ミユキさん

現在のお仕事
株式会社ザ・プレゼンツ代表取締役。
企業・医療・学校各種ブランディング・イメージ・コンサルタント。(人材育成、個人キャリアアップ開発、セールスプロモーション企画、ハードデザイン 等)

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか

・将来のフードアナリスト®育成のための講師活動。
・フードビジネス事業及び医療機関へのワークライフバランスにおけるES(従業員満足度アップ)&CS(顧客満足度アップ)といったビジネスプロモーションアドバイス。
・JFAAC日本フードアナリスト協会広報活動。
・キッズ〜ジュニア向け“地球を愛する食の楽しみ方”育成。・・プライバシーコンサルティング(個人情報保護関連リスクマネジメント対策と販売促進活用)。 等

フードアナリスト®の魅力
日本の心を基本とした“With Thanks & Respects”〜感謝の気持ちと敬う心で、ともに…の精神における食と文化の未来を見つめるグローバルメディアであることです。

資格を取得して良かったこと
日本初の食専門インターネットメディアの構築・出版を目的とした日本初の組織・体系的につくるレストラン格付けガイドブックに参加できることです。
また、“フードアナリスト®はメディアです”〜業種関係なく人の魅力をも最大限に表現できる「食・食空間」の世界を、年齢問わず総合芸術・文化としてマナーからマネジメントまでグローバルな感性をプラス1された世界を創りあげられることです。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
ひとりでも多くの方へフードアナリスト®の魅力を最大限にお伝えできる“場”を提供し続けていきたいです。そして、“食は人を魅了する!”を永遠のテーマとしてグローバルメディア的な医療・学校に向けたソフト(人材育成)&ハード(環境施設等)&セールスプロモーションの3つの柱をトータルにアドバイスし続けていきたいと思っています。
3S=シンプル・スマイル・サプライズをテーマに!
徳永ミユキの生涯の理念です。


 
田中 ゆき子さん

資格取得者 田中ゆき子さん

資格取得者 田中ゆき子さん

現在のお仕事
現在メインでやっている仕事は2つあります。
一つは料理教室です。名古屋市名東区の自宅にて、ハーブを使ったフランス料理を中心とした西洋料理とお菓子の教室を主宰しています。
もう一つは日本フードアナリスト協会の認定講師、そしてマイ箸講座などの講師としての仕事です。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
これらの講座で、料理だけでなくおもてなしの仕方、食空間の演出の仕方など、20年近く続けてきた料理教室での経験や西洋菓子の店でパティシエとして働いていた経験、また調理師専門学校での講師経験、企業での接客講習の講師経験などを活かしてお話しております。
そのほか、地域の情報誌へフードアナリスト®としての食関連記事へのコメント投稿があります。

フードアナリスト®の魅力
知識の習得にとどまらず同じ志をもった仲間との交流は、生涯つきあうことになるであろう価値観の合う友人に出会えるというオマケまでついてきました。
フードアナリスト®という資格は、取っただけで終わりではなく、そこからがスタートだということを実感する毎日です。

資格を取得して良かったこと
フードアナリスト®の資格を取り認定講師の資格を取ったことで、よりアンテナが高くなり、料理・食材に関わることだけでなく、広い範囲で勉強量が増えました。自分の料理教室での話題も広がり、生徒さんからも、料理だけでなく歴史や文化などいろいろ学べるところがいい、と言っていただいています。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
今までは、自分の教室に来てくださる人、講座を受講してくださる人を対象に情報を発信していましたが、今後はより多くの人にお伝えできる手段として、本の出版を考えています。日々の食生活を楽しく、大切にすることは、生きることを楽しく充実したものとすることをお伝えできるような本を書きたいと思っています。

 
谷 貴子さん
資格取得者 谷貴子さん

現在のお仕事
建築設備メーカーの営業関連。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
私の仕事は食とはまったく関係がないと思われがちですが、キッチンや便器などは料理をする前から食べ終えた後までと考えると、立派に関係があるとひそかに自負しています。

フードアナリスト®の魅力
建築の言葉で「基礎がないと家が建たない」という言葉があります。この言葉にこの資格をあてはめると、「食がないと体ができない」になるでしょう。得てして置物になりがちな他の資格。フードアナリスト®の資格は他と違い、普段の生活に活きてきます。例えばこんな風に…。
産地を気にしながら真剣に買い物。結果、食卓に並ぶものが変わる。フードアナリスト®になった時にはまだ小学生だった娘も、今は中学生。「これ、おいしいね。」から、「どう体にいいの?」と、おかげ様で良い影響。大げさに言えば、家庭内食育です。(笑)自分の知識を、年齢問わず伝えることができます。

資格を取得して良かったこと
協会の活動の一つである「食育推進委員会」で活動しています。子供たちに食とマナーを楽しく教えるための活動です。これまで何度か小学生を対象にお箸の使い方を教える手伝いをしました。子供たちの目の輝きに、フードアナリスト®としての誇りと決意を確認しました。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
以前、協会の仕事で雑誌のインタビューを受けた際に「将来、子供たちだけで堂々とレストランに行ける社会にしたい。」と答えました。前述の活動はその第一歩です。
フードアナリスト®になって本物、本当のことを知り、それを学びと実践を通し他に伝えていく中で、やっと本当の自分に会えました。フードアナリスト®4年目。「仕事が忙しい。時間がない。」と、この資格に出会うまでの言い訳はもうありません。まだまだ勉強です。


 
里井 真由美さん

資格取得者 里井真由美さん

資格取得者 里井真由美さん

資格取得者 里井真由美さん

現在のお仕事
昨年「食のなでしこ」準グランプリを受賞し、食情報誌の対談やメニュー開発、テーブルコーディネート、ラジオ番組出演やフードイベントの講師、パネラー出演など多岐にわたり活動中。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
1級フードアナリスト®と認定講師の資格を取得し、食に関わる幅広い項目を学びました。その経験と知識を活かし、食品企業にて“おもてなしの心”を伝える教育を担当しています。

フードアナリスト®の魅力
食を体系的に学べ、幅広い分野に携われる楽しさがあります。

資格を取得して良かったこと
資格を取得して良かったことは多々ありますが、強いて言うなら「人の輪が大きく広がる」でしょうか。有資格者の仲間や生産者さん、料理人さんや経営者さん、異業種の方々とも食を通じて“共感”しあえ、輪がどんどん広がり繋がります。それは、フードアナリスト®の資格が「食べ手側」の資格であることや、有資格者は常に「食を敬う=敬食家」として存在するからだと思っています。私たちは人、食べ物に「感謝と尊敬」を抱き全力で取り組むので、いつの間にか周りに共感者、応援者が大勢!…そして、そんなフィールドで自分の得意なことを極めていくので、活躍の場もどんどん広がるのだと思っています。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
今後は、仕える「仕事」ではなく、前向きで志ある姿勢を保ちながら「志事」する自分でありたいと考えています。

 
永井 佳子さん

資格取得者 永井佳子さん

資格取得者 永井佳子さん

現在のお仕事
都内の大学病院勤務。内科医として生活習慣病の患者さんの治療を行っています。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
食事療法は大事な治療の一つであり、食事は患者さんだけでなく自分自身の健康を考えるときも大切なポイントだと感じています。また私は、日本抗加齢学会に所属しアンチエイジングをより専門的に勉強していますが、学会内では栄養素やカロリーの重要性はすでに世界的に常識というほどの認識です。
個人的にワインや美味しいものが大好きだったことからフードアナリスト®の資格を取得しました。取得後は、食育についてさらに勉強を続けています。

フードアナリスト®の魅力
食の世界で、より安全に美味しい食品を作る努力をされているパティシエや、自分のお店をより良くするためにフードアナリスト®である私たちに厳しい視点での意見を求める経営者の方に出会ったり、知識だけでなく人との出会いがあることがフードアナリスト®の魅力だと思います。

資格を取得して良かったこと
医師の世界だけでは出会うことができなかった素晴らしい人々との出会いが、今の私に新鮮な刺激を与えてくれています。
現在私は、フードアナリスト®としてモンドセレクションに出品する商品にコメントを寄せたり、スイーツの店舗を出店する方と一緒に新しいスイーツの開発に取り組むなどの活動に携わっています。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
美味しいものを作るだけでなく、現代社会の流れにあった健康やアンチエイジングも考慮した商品開発にこれからもどんどん挑戦していきたいと思います。
医師である自分にしかできないようなアイデアが提案できれば、とても幸せなことだと思います。そして、商品開発だけでなく「食と健康のおいしい関係」というテーマを追求できればと思っています。


 
高木 奈穂さん

資格取得者 高木奈穂さん

資格取得者 高木奈穂さん

現在のお仕事
社員研修を行う会社の経営をし、自身は人材育成コンサルタントとして講演や研修会の講師として活動しています。また、飲食店や物販店をはじめとした接客サービス業において、現場の覆面調査を行った後、お客様とのより良いコミュニケーションを図る接客サービス研修などの業務も行っています。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているかフードアナリスト®の資格を取得したことにより、食に関する分野での知識も増え研修内容の幅も広がりました。

フードアナリスト®の魅力
フードアナリスト協会認定の講師の資格も取得したことにより、講座の運営や講師としての活躍の場も増えました。また、同じ資格を取得したフードアナリスト®の皆さんとの情報交換の機会も得られ、仕事にプライベートに生きた資格であると大変魅力を感じています。

資格を取得して良かったこと
フードアナリスト®相互に専門分野の紹介をするミニセミナーを開催するなど、共に学びあう時間を共有できるので、資格を取得して良かったと思っています。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
今後はフードアナリスト®の資格を活かしていくために、食に関する販売促進コンサルタントとして活動することを計画中です。年に数回行うラッピング講座を発展させる形で、商品のラッピングや商品陳列など販売店舗における視覚的表現を中心としてMD活動(VMD)を行います。また食品卸会社と提携しPB商品の開発とお取引先向けの研修会を運営するなども進めており、今年度は本格的にフードアナリスト®の資格を活かすスタートが切れそうです。

 
船木 由美子さん

資格取得者 船木由美子さん

資格取得者 船木由美子さん

現在のお仕事
食品・食品機器卸売りの会社の総務と飲食店での接客を兼務。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
食品を扱う仕事柄、その道のプロの方たちと関わることが多いのですが、フードアナリスト®を知らない方にも興味を持っていただき、コミュニケーションが取りやすくなりました。また、その方たちから教わることもあり、幅広く豊富な知識が得られました。

フードアナリスト®の魅力
フードアナリスト®の一番の魅力は、飲食店の経営者や食に携わっている方、食に関する様々な資格を持っている方などがフードアナリスト®にはたくさんいますが、私のように普通のOLでもフードアナリスト®として肩書きや立場など関係なく同じ視点でいられることです。また、全国各地に同じ志を持つ仲間がたくさんでき、お互いを高め合えることです。

資格を取得して良かったこと
資格を取得して良かったことは、今まで気づかなかったたくさんのことを発見できたことです。特に「ホスピタリティ」の心を知ることができたことが一番大きいです。感謝と尊敬の気持ちは食だけでなく全てのことに通じていると思っています。
もう一つ、フードアナリスト®になって初めて接客の仕事に挑戦したことも大きな経験となりました。今まではサービスされる側であった自分が、もてなす側になり初めて気づいたことがたくさんあり、感謝する気持ちがとても強くなりました。
さらに、小学校での箸講座のお手伝いに行ったことも、私の人生経験の中で強烈な思い出の一つになりました。子供たちの純粋で真っ直ぐなキラキラした瞳は、一生忘れることはないと思います。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
今後もフードアナリスト®として日々勉強し、たくさんのことを吸収し、たくさんの方々に伝えていきたいと思っています。

 
蔦 洋子さん
資格取得者 蔦洋子さん

現在のお仕事
株式会社Y&取締役副社長。現在は協会認定講師や記事執筆のほか、通信販売代行や広島お好み焼き総合サイト運営、企画・広告・ホームページ制作を手がけています。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
現在は「おいしく食べて無理のない健康で美しい体づくり」の情報発信を目指し、食によるプロポーションメイキングを研究中。こうした仕事を含め、以前から食関係の原稿を書く機会が多かったのですが、協会主催の講義を数多く受講したことが今の仕事に大いに役に立っています。

フードアナリスト®の魅力
フードアナリスト®の講座は、20〜30代のOLの皆さんをはじめ、主婦の方や食関係の専門職男性まで様々な方たちが受講されています。あらゆるシーンにおいて役に立つ知識や教養を身につけながら「食」をトータルに学べることが魅力だと思います。

資格を取得して良かったこと
フードアナリスト®の勉強は資格取得のためだけに限らず、ライフスタイルで役に立つことがたくさんあります。例えばテーブルマナーやお箸の歴史、日本食の文化など日本人として知っておきたい基本的なことから、今まで知らなかったことまで学べます。“当たり前”だと思っていた食に関する知識を少し深めるだけで、見方やとらえ方が変わり、食をよりいっそう楽しめるようになったこと。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
今後は、医療美容の現場で十数年培ってきた美容の知識と経験を生かし、美と健康、食の関係にも重点を置いて、内的美容の充実に取り組んでいきたいと考えています。趣味の食べ歩きも、もっともっと充実させたいです。

 
福島 美穂さん

資格取得者 福島美穂さん

資格取得者 福島美穂さん

現在のお仕事
リーベン株式会社代表取締役。
日本フードアナリスト協会 評議員、認定講師。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
過去にヨーロッパの航空会社の客室乗務員としてヨーロッパに在住しながら自分の足で世界を見て廻り異文化に触れ、各国の特色ある食文化に大変興味を持ち、帰国後、改めて日本の食文化の大切さを感じました。
現在は、海外レストランを開業する際の接客トレーニングやフランチャイジーの接客トレーニングを行っていますが、マニュアル作りにはフードアナリスト®の教本が大変役立ちます。
実際の仕事への活用としては、リーベン(株)主催「元キャビンアテンダントと英語を交えてクッキング」「フードデザインプロデューサー(アシスタント)養成講座」などを開催し、フードアナリスト®として習得した知識、教養、マナーを存分に活かしています。
また、こうした仕事の傍ら、今、世界的な取り組みとなっている食育の活動の中で、小学校での指導助言やパネラーなどの活動も行っています。

フードアナリスト®の魅力
大手企業様からご依頼を頂く際には、やはりフードアナリスト®の存在価値が大きく、信頼感にもつながりやすいと思います。仕事がスムーズにいくことに魅力を感じます。

資格を取得して良かったこと
2010年はフードアナリスト®として一年間「食のコーナー」をテレビ番組内で持ちます。立案から編集まで、番組作りには多くの人材が必要です。そんな時、同じ知識、教養、マナーを身につけたフードアナリスト®の仲間がアシスタントとして活躍してくれ、大変心強いです。
また、大手電機メーカーのビデオ出演モデルやフード監修、男性専門の料理教室の講師をアシスタントと共に「100%絶賛」を合言葉にリハーサルから本番まで行っています。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
今後は、それぞれの土地の地産地消をテーマに、生産農家を訪ねての親子料理教室を通じて未来の子供たちの感性を育てる役目を担っていきたいと思っています。
2010年春、フードアナリスト®として制作、監修した「味噌季節レシピ」が商品に付いて全国発売されました。
これからも、日本の伝統食文化を継承する一員(みそソムリエ)として企業様と共にフードアナリスト®の知恵とその相乗効果で、日本と世界が笑顔で繋がるようお役に立てれば嬉しく思います。


 
福地 寧子さん

資格取得者 福地寧子さん

資格取得者 福地寧子さん

資格取得者 福地寧子さん

現在のお仕事
食に関する記事の執筆、講師。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
2008年4月からのブレッド部(現在はパン食文化研究会)での活動は、いまや私の生活の大きな柱になっています。具体的には、パンの試食会やパンの有識者による講演会、パンの商品企画会議、パンの講座などのイベント企画・運営や、「@ニフティ 厳選レストラン」でのパンのコラム連載(2008年6月より2010年3月現在83本掲載)などの仕事を行ってきました。

フードアナリスト®の魅力
多数開講される講座に参加して知識や表現力などを磨くことができ、実際に記事執筆や講師の仕事などで活用できること。

資格を取得して良かったこと
楽しいことばかりではなく、時にはくじけそうなこともありますが、イベント参加者からの「パンが好きになりました」という声や、企画から参画してくれる仲間が増えることは何よりの励みです。徐々に食に関する企画協力や店舗企画などの依頼もくるようになり、充実した日々を送っています。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
フードアナリスト®としての活動を通して巡り会った仲間たちと切磋琢磨しながら、「日本のパン食文化の向上に貢献する」というブレッド部の活動目標達成を目指していきます。2010年は今までにない手段での外部発信も行う予定です。
ひとつひとつ着実に形にしていきたいと思っています。


 
中森 玲子さん
資格取得者 中森玲子さん

現在のお仕事
現在、主な仕事は2つあります。
一つは、(株)イーアドバンス代表取締役としての仕事で、製薬会社向けのコンテンツ制作を主な業務としています。
もう一つは、日本フードアナリスト協会の認定講師、また幼稚園児をもつ母親対象の食育、幸せな家族関係づくりのファシリテーション講師としての仕事です。

実際の仕事にどのようにフードアナリスト®を活かしているか
10年以上にわたり管理栄養士、専門学校講師として栄養学、ダイエット学を担当してきた中で、現代の若者の食生活に対する意識の現状、それを育んでしまった家庭の食生活の在り方に危機感を覚えた私は、学生を通して、その家族への食に対する意識改革を行ってきました。
その結果、学生自身の健康はもちろん、食を介して良好な家族関係を築くことができることを確信しました。
そこで、さらに特定の年代だけではなく、フードアナリスト®として学んだ知識、認定講師としての経験を踏まえ、幅広い年代の受講者の皆さんに、私が得た食に対する情報を提供することにより、ご自分の可能性を再発見するお手伝いをしています。

フードアナリスト®の魅力
食に関する知識の習得にとどまらず、食べることに興味のある仲間との出会いは本当の意味での異業種交流の場となります。生涯の友と呼べる方々に出会う楽しみも増えましたし、内閣府食品安全モニターになろうという私自身の学びの意欲も高まりました。
フードアナリスト®という資格に求められる食に関する様々な歴史や成り立ちの勉強はもちろん大切ですが、トレンドに敏感であることも非常に重要です。資格を取得してからがスタートだということを、毎日実感しています。

資格を取得して良かったこと
フードアナリスト®の資格を取り認定講師の資格を取ったことで、様々な分野に関する情報をキャッチする感度が高くなり、製薬会社向けコンテンツの一つとして、食に関する項目を企画立案し受注することが増えました。そして、同じ志をもつ素晴らしいパワーパートナーに巡り会うことで、幼稚園での食育講座開催という新たな事業に着手するきっかけにもなりました。
また、勉強熱心で真面目な方が非常に多いフードアナリスト協会会員の皆様のご協力を得て行った弊社のアンケート調査でも、有用な回答を多数お寄せいただきました。

今後、フードアナリスト®として挑戦したいこと
自分の持ち味を生かして発信できることの一つとして、フードアナリスト®ならではのダイエット本を出版します。
また、企業人、妻、母である私の立場から、日々の食生活の重要性を訴えたいと考えています。そして、自身が幸せで、家族に美味しい食事を作れるお母さんを増やし、幼い子が犠牲になるような事件のない社会の実現に貢献していくことを目指しています。


 


,覆璽奸璽疋▲淵螢好®の資格を取得しようと思ったか
⊆萋世靴凸鯲っていると実感した点
取得して良かった点
 
(男性 22歳  神奈川県)
,發箸發反への興味はとてもあったのですが、食に関する資格の多くは専門的な課程を修得して得られます。フードアナリスト®は課程を必要とするのではなく、食への興味が一つの指標とされていたのが魅力的でした。
⊃の基礎知識を得ることで、バランスの良い食事をより心掛けるようになった。また素材などの知識を得ることは、食事の楽しさを増すものだと思いました。
大人数での食事の時に必要な基本的なマナーを習得できたことは、これから先の多様な場面において、役立つものだと思います。
就職は食品メーカーを希望しているため、食の基礎知識、また食べるということを客観的な視点から見れるようになったことがよかったです。
 
 
(女性 39歳 東京都)
仝什澎食店のメニュー開発の仕事をしているため自己啓発としての知識や最新の「食」の情報が得られると思ったから。
⇒諭垢幣霾鹹鷆,筝座の案内など(まだ積極的に参加はできていませんが・・・)情報を得られる点。
食の最新情報が得られるということ。
 
 
(男性 42歳 東京都)
[拘曚篆業の事業再生を業務として行っています。食関係では決算書や客数、客単価以外の評価尺度については主観的かつまちまちの切り口になっていて業務を難しくする原因になっています。多数の関係者に常に一定の切り口で評価報告できるようになると業務が効率化すると考えたから資格取得しました。
∈8絛饌療案件をご相談する中で実感できるものと考えております。
8羔┣颪離優奪肇錙璽を通せば、事業再生できる可能性が高まる会社が多くあるのではないかと気がついたこと。
 
 
(女性 40歳 北海道)
.潺好謄蝓璽轡腑奪僉爾了纏をしたいと思ったから。また、子供が食物アレルギーで、食の安全に興味があり、何か食に関する資格を有したいと前々から考えていた為。
⊃に関する知識が広がり、レストランに行った際、一皿一皿じっくり見て味わい、店内のこだわりなどにも、以前より気付けるようになりました。
食だけでなく、日本人として知っておきたい文化、また、今後、私たちの子孫の為に守っていかなければならない環境問題にも目を向けた資格には、出会った事が無かったので、とても、勉強になりました。また、合格者の方々との交流があり、良い刺激となります
 
 

(女性 34歳 京都府)
/に関わる仕事(クッキングスクールのインストラクター)をしています。 資格を取り、勉強することで、今の仕事に役立てることが出来ると思ったから。
講座やマリアージュの会、snsを通じ、様々な業種の多くの方々と知り合いになれた。
B召離奸璽疋▲淵螢好®の方々の貴重な知識、経験を教えて頂き、大変勉強になっている点。

 
 
(女性 47歳 東京都)
友人がフードアナリスト®で話を聞いているうちに自分もやってみたいと思うようになったためです。
△泙瀬奸璽疋▲淵螢好®としての仕事をするチャンスがないため実感はありません。
フードアナリスト®の社会認知度が高まってきているようで、仕事の幅を広げられそうな点です。
 
 
(男性 28歳 福岡県)
,發箸發反文化に興味があったわけですが、その興味を資格という形のあるものにしたかったから。
食について散発的に学んできたのですが、これを機会に系統だって学びたかったから。
SNSなどを通じて食に関する情報を得られること。
ホスピタリティーについて学んだことにより、以前に増して食事が楽しくなったこと。
8堕蠹なものであった食への関心、知識を、より幅広くすることが出来たこと。
SNSを通じてより幅広い食に関する情報を得られたこと。
食に対する多くの人の情熱に触れられたこと。
 
 
(女性 44歳 神奈川県)
\豢伴臧悗任靴燭、一番下の子が小学生になり、以前からレストランなどの厨房に興味があり、パートでもしてみようかと思っていたら、近くに開店しましたので、始めました 折角、食の業界に入ったので、TVなどで今、話題になっていたこの資格をとってみようかと思い、取得しました。
家族に対してもホスピタリティの精神を持つことや、主婦として食に関する知識を持つことは、今後の生活、暮らしの中で豊かな心を持つことができ、大切なことだと思います
1儻譴筌侫薀鵐晃譴覆匹旅嶌造忙臆辰任る。 お店の情報が入る。興味深い講義が聞けるなど・・・・
 
 
(女性 39歳 東京都)
/に関わる仕事をしたいと常々思い10年たち、手が掛かる娘も10歳になり一念発起。
フル勤務の中、条件に見合ったのがこの資格でした。実生活に則した内容からも自分の身になるものと確信したためです。
◆〇笋了餝兵萋世砲茲蠖が細かった娘が食べることに興味をもつようになったことが親子関係の形成にも役立っていると実感しています。先にフードジャーナリストを目指しておりますがレポート執筆の講座など内容の濃い講座がとてもその学習に役立っています。雑誌掲載の機会を得た時は大変嬉しく役立っているというか勉強させていただいていると実感します。また食を分析することでものの見方の切り口が変り、広がったと思います。
食事、生活で五感をフル活用させることを学び、実践していくために以前より、自分の健康を気遣えるようになりました。それは家族への健康管理、友人へのアドバイスにも波及しています。資格をとおした勉強や講座をとおし、深くなっていると感じます。 
 
 
(女性 29歳 東京都)
私にとっての幸せを感じる瞬間の1つが、『おいしいものを食べている時』、ということもあり、 『食』に対する興味は前からあった。友人からこの資格のことを耳にして、 私も受けてみよう!と思った。また、ミステリーショッパーにも興味をもっていたため。
食に対する意識の向上。4級で、基本的な食の知識が得られたこと。
まだそんなに多くの講座や、会に出席していないので、何とも言えないが同じ食に興味の持った人と、たくさん知り合いになれる機会が多いと思うし、積極的に人つながりを意識するようになった。
 
 
(女性 32歳 北海道)
,っかけは、北海道に来た事です。暇な時間があったので資格を取ろうと思って探していたところ、見つけました。
食べること、料理が好きな私にぴったりだと思いました。 特に、仕事にしようと思ってはいなかったのですが、「食」に関する知識が広い範囲で身につけられることが魅力でした。 通信教育で簡単に資格が取れたことも大きいです。
∈まで疑問に思っていたことが解決したり、広い範囲で勉強できて楽しかった。
3級では自分の興味のないことも勉強したので、知識が広まり料理やレストランでのメニュー選びにも幅ができた。
思いがけず、講師をさせていただくこともでき新しい道が開けたこと。
C里蟾腓い里い覆った北海道に、共通の話題ができる友人ができたこと。 たくさんのフードアナリスト®の方から、食に関すること以外にもいろいろなことを教えていたけたこと。 藤原先生のSNSを毎日読むことができること。
早く、北海道でも勉強会が開ける様な人数が集まるといいです。
 
 
(女性 33歳 愛知県)
.僖鵑寮渋と稜笋硫饉劼剖侈海靴討い董△い弔皀薀鵐付けされる立場なので、ランクをつける方法が知りたかったから。
¬昌匹法屮奸璽疋▲淵螢好®」と入れているので、初対面の人との話のきっかけができる
F辰忘のところありませんが、勉強することはよいことです。何かのきっかけで活かすことができるし、活かすも殺すも自分次第だと考えます。
 
 
(女性 35歳 静岡県)
,っかけは、色々なレストランにて食事をする際、気付いた事や同業界からの視点として、アドバイスや改善点をプロとしての判断基準を学びたかったので。
⊃やそれらに関する情報に敏感になった。引き続き、違う資格の取得に繋がった。(フードコディネーター3級、野菜のソムリエ)
F韻鹸恭个鮖った人たちと、出会えることが出来た。
 
 
(女性  29歳 大阪府)
仝機后嵜」に興味があり 調理、食品、栄養、マナー、色彩等 「食」に関わる多岐について大学で学び その知識に近い資格が出来た事を知り 今までの知識と経験が生かせるのではないかと思い 取得を決めました。
⊆分の中の知識・教養の確認 また それを補う新たな知識が深まったと実感しています。
F々の生活の中でこれまで以上に 「食」に関わる すべての事の興味が深まり、家族との外食の際も少し違った目で 楽しく過ごす事が出来るのでとても 良かったと思う。
 
 
(女性 43歳 愛知県)
/に関わる資格はいろいろありますが、対象を何か一つに特化するのではなく、 広く、食全般に かかわることをみる資格なようなので、実際どんな内容なのか、 正直、半分冷やかしで、観てみようと思いました。(すみません!)
∋廚辰討い唇幣紊法⊆騨囘で広い範囲の食に関する知識の勉強ができ、 自分がやっている料理教室の生徒さんにも、フードアナリスト®のテキストで勉強したことを伝え、より深い内容のレッスンができるようになりました。 また、講師をさせていただくことで、さらに自分のスキルアップに役立っています。
L砧噌嶌造罵諭垢憤朸伴錣諒と知り合うことができたこと。 また、実力があり、向上心あふれ、なおかつ謙虚な素敵な人たちに出会え、人生の目標ができたことがよかったです。
 
 
(女性 41歳 熊本県)
/べること、料理をすることが好きで、農産物の流通をしているので『食』に関するトータル的な事が学べるのではないか? と思い受講しました。
∈まで知らなかった食に関する知識を勉強できる。
A換颪諒々と知り合い、お友達も増えました。食の奥深さを痛感してます。これから益々勉強だと思っています。
でも、苦痛ではなく、とても楽しく学ばせて頂いてます。
 
 
(女性 30歳 東京都)
〆廼瓠⊃に関しての寂しい話や、食生活・纏わる様々な環境などに興味を持ち、気軽に入ってくる情報に惑わされず、正しい情報や知識を学びたかったので。
⊆分が今まで気にも留めなかったことで、食に関わることが数多くあり、それを学べていること。
レストランで食事をするのが以前より楽しくなった。仕事でも広がりのある話ができるようになった
 
 

(女性 33歳 埼玉県)
〇纏上で接待のお店を選んだり、下見に行ったりするうちに、レストランの食事やサービス、雰囲気に興味を持つようになった。お店を決める決め手になる情報不足を感じていたので、格付けの資格を知って、広まれば需要は高いだろうと感じた。
単に食べるだけでなく、盛り付けや味付け、サービス、どういう食材を使っているのか、や、お店のメニューの組み立て方などに気が行くようになった。どういう客層をターゲットにしているか、などビジネス的なことも考えるようになった。
F韻犬海箸剖縮を持つ人がたくさんできた。いろいろな講座が最近充実してきたので、より食に対する知識を深めたいと思うようになった。

 
 
(女性 57歳 神奈川県)
/生活全般に興味があったが、広い意味で外食産業に関わることが出来そうだから、また幅広い知識・教養を必要とするところに自分を行かせると思った。
◆_めて、いろいろな分野の勉強が出来たこと、段々勉強会が増え気軽に参加出来ること。お店に入って以前より細かくチェックする目が出来てきたこと。
まだ実感はないが、これから活動が広げられるように思う。中途半端な知識しかないことを思い知らされ、もっと知識を身につけたいと思えるようになったこと。
 
 
 
(男性  40歳 東京都)
”広く深く食について学びたかった。食に関わる目新しい資格として将来性があると思えたから。
⊃に関する仕事なので知識習得で信頼を得ることができ仕事の幅も広がった。自信につながった。
0朸伴錣諒々とも知り合え色々な人達と友達になれた。仕事の幅が広がった。雑誌にフードアナリスト®として名前が載った、無料講座で、たくさんの方と知り合いになれた。
 
 
(女性 32歳 東京都)
TVでフードアナリスト®の試験内容が紹介されており、もともと「食」に関して興味があったため、好奇心で試験を受けてみようと思った。
⊆萋世靴臣亮韻箒詰椶鮹凌佑簍Э佑傍瓩瓩蕕譴覽_颪増えるようになった。またジュニアフードアナリスト®委員会や講師教習会で身に付けた企画やプレゼン等、仕事でも役立つスキルを身に付けることができた。
K莉詰諭垢聞嶌造催され、趣味の幅も友人の幅も広がった。
新しいお店や新商品の情報もいち早く知ることができ、これからどんなものが流行るかというのも敏感にキャッチできる。
 
 
(女性 31歳 千葉県)
〇纏以外に打ち込める趣味を持ちたいと思いました。特に老後まで長く続けられるようなもので、多くの人と話題を共有できるような趣味としてフードアナリストを選びました
仕事で地方出張が多かったので、郷土料理に触れることや外食機会が多くなったことをきっかけに、食全般に関してより詳しくなりたいと考えました。
▲泪福爾篶鼠の決まり事を知ることで、自信を持って会食に参加できるようになりました。フード業界の将来像やマネジメントの課題などを知り、異業種である自分の仕事に置き換えてみても共感できる点が多くあり、自己研鑽になっています。
食に関して多岐にわたって情報提供機会を与えてもらえるので自分の知らない美味しさを知ることができる点。
「いつでもおいしく食事したい」欲求が高まったため、健康に気を遣うようになったこと講座が充実しているので知識補充の機会を充分与えてもらっている点。
 
 
(男性 34歳 東京都)
|度、本社が銀座周辺に移ったこともあり、色々なお店で食べるようになったことから食に関してとても関心が出てきていました。このタイミングでこれから作り上げていく資格と云うことで大変興味をもったのがきっかけです
∋┳慊度で少し聞きかじっていたような知識を、体系化して身につけようと思うようになったこと。自分自身のモチベーションだけでなく、昨今は食に関する関心も非常に高くなってきたこともあり、基本的な知識を身につけることは日常でも非常に役立つものであると感じました
同じ志を持った仲間と触れ合うことで、知識の共有のスピードが違うことを実感したこと。情報も含めて知識の絶対量が変わってくることで判断の幅が広がります。
 
 
(女性 33歳 東京都)
以前から「食べる事」が好きで、「食」にとても興味がありました。フードアナリスト®として勉強することで自分に足りない知識や興味の範囲を拡げられれば更に楽しみも拡がるのではないかと思い取得しました。
△い蹐い蹐幣霾鵑得られること。また、情報を得るだけでなく発信する立場にもなれること。フードアナリスト®にならなければ経験できないことも経験でき自分も多少なりとも成長できたと思います。例えば、講師。 講習内容のより深い知識を得ることはもちろん、人に伝える事・人前に立つ際の立ち居振る舞いなどコミュニケーションやマナーなどフードアナリスト®として大事にすべき点を改めて考えるいい機会をもらいました。
いろいろな情報を得られること。例えば地方の食品生産者の方と出会えるイベントに招待していただき飲食店コンサルティングの仕事にも役立っています。協会の情報などを通じて食に関する仕事の多面性を知ることが出来ました。
名刺に「フードアナリスト®」と書いてあると、この資格を知っている方も知らない方も興味をもってくれます。
 
 
(女性 29歳 東京都)
,發箸發罰或が好きなのですが、ある程度以上のお店の場合、ただ「美味しい」だけで終わっていた気がしていました。資格をとることでレストランや、食事についてももっと違った視点から見て、何か幅が広がると思ったからです。
普段何気なく触れていた言葉の由来(洋菓子やパンのもともとの意味など)を知ることで一つ一つの食材に触れることまで楽しくなりました。
まだ取得して間もなにので実感はないけれど、自分自身、食に対する見方が変わり、生活に充実感があります
 
 
(女性 39歳 東京都)
ー講していた専門学校からの勧めあり、将来性ある資格に魅力を感じました。
現職は調理員。時間的にすぐ取得出来る資格とあって、転職活動するにあたって現職につながりある資格を履歴書に書きたかったので。
8鋲抜兇涼罎濃纏しておりますが、知識があるとないでは意欲的に仕事に取り組む姿勢が変わりました。
自分の知識を高める上で、少しでも広がった視野で食へのこだわりを持つ事が出来るようになりました。