フードアナリスト検定試験 申し込み受付中

フードアナリストを目指す 3つの取得方法

  1. 1. 検定試験

    「フードアナリスト教本」と「問題集」で、自分で勉強し、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の全国7都市で、毎年5月と10月(2月4級のみ)に開催される試験を受験します。食文化に興味のある18歳以上なら誰でも受験資格があるので、自分で身につけた、食に関する知識を気軽に試すことができます。

  2. 2. 通信教育

    4級と3級のみ実施。教本と専用の教材を読みながら、自分で勉強します。4級の場合、約4か月の間に、簡単なレポートと、添削問題(6回)を提出するだけで、検定試験を受けずに4級の資格を取ることができます。6回の添削問題と、1回の「フードアナリスト」格付けレポートを提出。

  3. 3. 養成講座

    札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7都市で随時開催。4級の場合、1日7時間の集中講義を受け、修了試験で一定のスコアをクリアすれば合格。3級の養成速習講座は2日間、2級は4日間(前期2日間・後期2日間)に渡って行われます。

資格についての無料説明会はこちらから

講座に関する説明から、フードアナリストの役割と将来性について、ご説明いたします。
参加費は無料です。受講を検討している方、ご興味のある方、お気軽にご参加ください!

フードアナリスト 取得者の声

「食」を通じて、大きく世界が広がった - 坪恵子さん<フードアナリスト>

もともと食べること、料理することが大好きで、その趣味が高じてフードアナリストの資格を取得しようと考えました。料理の奥深さを改めて感じられるようになり、これまで以上に食事を楽しめるようになりました。また、この資格を取得してから、雑誌に執筆するチャンスも増え、いずれは売れっ子のフードライターとして活躍できるように力をつけていきたいです!

資格がそのまま仕事の強い武器に - 平賀敦子さん<フードアナリスト/フードライター>

以前からフードライターとして活動していましたが、「もっと話に広がりを持たせたい」「体系的な知識を身につけたい」と思い、この資格を取得しました。取材先では食の専門家として認められるようになり、商品企画という、これまでの枠を超えた仕事も経験するようになりました。そして何よりもこの資格を通じて自分の食生活がより楽しくなりました!

始まりは、「好きなことを仕事にしたい」 -瀬川あずささん<フードアナリスト/モデル>

食べ歩きが大好き!これを仕事にできないかなぁ・・探して見つけたのがこの資格!現在、コラムの執筆を中心に活動していますが、自分の感覚で選んだ素敵なお店を紹介するということに強い魅力を感じています。またこの資格はコンサルタントの仕事にもつながるので、今後ますます需要は高まると思います!同じ目的意識を持った方、同じ趣味の方に出会い、人のつながりが増えていくのも楽しみの一つになっています。

3つの特長 - 食の五感を研ぎ澄ます新資格

  1. 1.資格取得者の目的

    • 正しい食・食空間の知識を身につける
    • 普段の生活でも役に立つ知識を身につける
    • 食べ歩きの実践で、五感を磨く

    18歳〜60代まで、食に興味のある方から、食品メーカーや飲食店など食関連の仕事をしている方など、知識の習得のため学んでいます。

  2. 2.資格取得後のスキルアップ

    ブラッシュアップ講座を多数開講。更にのめり込むこと間違いナシ

    各国ビールを味わえるビールティスティング、ワインバーを貸切るワイン講座、マナーもわかるマイ箸作り、築地市場ツアー等食を楽しめる講座を多数ご用意。さらに英語、フランス語、中国語の無料講座も受けられます。

  3. 3.広がる活躍の場

    商品開発、TV、雑誌など、食があるところにフードアナリストの存在アリ!



    商品についての座談会に呼ばれることもあり、味、量や組合せ、価格やコストも含め意見を求められます。商品誕生に携われるのは貴重な経験です。資格取得者は、商品開発・コメンテーター・ライター・講師・ミステリーショッパー(覆面調査員としてお店を調査。)として活躍中です。

資格取得をサポートする教本&問題集

一生モノの知識がつまっています!
資格を取得するためだけでなく、資格をとってからも、何度も読みたくなる知識が満載!

※ホームページから購入出来ます。

  • 4級 フードアナリストになるために必要な基礎知識が満載
  • 3級 食の世界を本格的に味わってみたい人に
  • 2級 食の奥深さを追及し情報の発信も積極的に行う
  • 「眞鍋と学ぶ!フードアナリスト入門楽しい食の世界」
  • 初級教本 / 初級フードアナリスト

資料請求・お問い合わせはこちら

TEL:0120−650−519  Mail:info@foodanalyst.jp


 
ページの先頭